モノマックスの年齢層や対象年齢

記事作成日:2022年8月中旬

モノマックス( Mono Max )の年齢層や対象年齢についてご紹介します。 モノマックスの読者層は、出版社の公式資料によると”20代~50代”までと幅広く、30代~40代の男性読者が多いようです。 また、対象年齢については”30代~40代”と明記しており、30代・40代のビジネスマンをメインターゲットにしています。 個人的にも30代~40代の男性を主な対象としている雑誌だと思うので、30代・40代のビジネスマンがターゲットになっているというのは事実だと思います。 ただし、付録が本体みたいな雑誌に移行しつつあり、雑誌の内容や冊子自体が薄くなってきているので、 付録目当ての購入者も含めた読者層のエイジレス化とジェンダーレス化に注意が必要です。

モノマックスの主な対象やターゲット

モノマックス( Mono Max )の主な対象やターゲット層は、30代~40代のビジネスマンもしくは雑誌付録が付きな大人の男性です。 毎号必ずブランドやキャラクターとコラボレーションした特別付録が付いているので、付録目当てに購入する人の方が多いです。 また、付録は豪華ですが、雑誌のコンテンツや冊子自体は薄いので、年齢層やターゲット等を気にする必要性も薄くなっています。 付録が気になった場合は、男性だけではなく女性でもチェックしてみて下さい。男女問わず付録目当てに購入することを推奨します。

ちなみに、モノマックスはメンズファッション誌ではなくモノ雑誌やモノ&トレンド誌として規定されていますが、 ファッションアイテムやおしゃれな小物や雑貨等を中心に、モノ・トレンド・ライフスタイルなども掲載しています。 一般的なモノ情報誌よりもファッション寄りの誌面になっているので、ジャンルやカテゴリについて誤解のないように注意して下さい。

個人的な感想になりますが…モノ雑誌というよりも付録付きファッション&モノ情報誌だと思っています。 特別付録が目当てで、雑誌(冊子)もそこそこ楽しめれば良いみたいな考えであればおすすめできるかもしれませんが、 他のモノ雑誌と比べると内容が物足りないです。昔はこんなに内容の薄い雑誌ではなかったのですが、現在は付録が本体みたいな感じになってます。

モノマックス( Mono Max )について

モノマックス( Mono Max )は、宝島社が月刊発行しているモノ雑誌(モノ&トレンド情報誌)です。発売日は、毎月9日が基準日になっています。 ただし、土日や祝日の影響により前後する場合があるので注意して下さい。また、一部の販売店による早売りや一部地域での発売日の遅れ等にもご注意下さい。 モノマックスは、電子書籍もしくはデジタル版の販売をしており、一部の読み放題サービスには対応しています。 増刊として、販売店限定の増刊号(付録違い版)を発行している場合があり、販売店限定の特別号(付録違い版)を同日発売していることもあります。 兄弟誌(姉妹誌)として大人版の「 MonoMaster(モノマスター)」があります。