付録付き雑誌について

付録付きのファッション誌は、豪華な付録が毎号付いている宝島社のファッション雑誌が有名ですが、2015年くらいから特別付録に力を入れている女性誌が増えてきており、付録目当てに雑誌を買っている人の割合も増えてきていると思います。また、通販サイトのファッション誌ランキングでも付録付きの女性誌が上位を占めることが多くなっており、雑誌を購入する際に重要な要素になっているのは間違いありません。付録付き雑誌を発行しているのは、前述の宝島社に加え、大手の集英社や小学館が代表的ですが、その他の出版社も特別付録付きの雑誌を多数発売しており、付録ブームと言っていいくらい付録付き雑誌が増えています。さらに、市販されている商品と雑誌を組み合わせて特別なセット販売をしたり、付録が本体のブランドムックや付録がメインの限定セットが発売されるなど、付録付き雑誌のバリエーションも増えてきています。話題性のある付録の場合は、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などでシェアされることで、紙媒体を購入しない層にもアプローチ(潜在的な読者にもリーチ)できるため、雑誌の宣伝(メディアとしての認知&知名度向上)としても有効的になってきています。

人気の付録付き雑誌

当サイトには雑誌付録ランキングはありませんが、ここ最近の付録ブームにより”ファッション誌ランキング=付録付きファッション雑誌ランキング”みたいな感じになっています。特に、女性誌のランキングは特別付録が付いているファッション雑誌が上位を占めてきており、通販サイトのランキングでも付録付き雑誌が上位にランクインしていることが多いです。また、発売前の予約段階にも関わらず(早期に商品画像が掲載されている場合のみですが)上位にランクインしていることがあるくらい、特別付録が女性誌のランキングに与える影響は大きいです。また、アマゾンのランキングに限っての話ですが、表紙画像を含め商品画像が掲載されていないとランキングが低い傾向にあると思います。発売1ヵ月前に商品画像が掲載されている付録付き雑誌と、発売日になっても表紙画像を掲載できてない付録無し雑誌では、ランキングの位置にそれなりの差ができてしまっている気がします。ただし、表紙画像や商品画像が表示されていればランキングが高くなるということではありません。当たり前と言えば当たり前ですが、2015年以前とはかなり印象が違うんですよね。2015年まではそんなに差があったかな?って感じがします。これは勝手な推測(憶測)ですが、ランキング上位の雑誌は豪華な特別付録を付けているだけではなく、付録の告知や次号の予告等も含めて戦略的に取り組んでいると思われます。加えて、予約購入や特別付録による”ワクワク”&”ドキドキ”などが、若い世代が求めている付加価値的な「 体験型消費(コト消費)」に近いものを提供できているのかもしれません。

女性ファッション誌ランキング

女性向けファッション誌のランキングページです。ただし、当サイトで紹介している女性誌のみ対象としているので注意して下さい。

男性ファッション誌ランキング

男性向けファッション誌のランキングページです。ただし、当サイトで紹介している男性誌のみ対象としているので注意して下さい。

付録の発売日・発売予定

付録付き雑誌の発売日&発売予定情報です。ただし、当サイトで紹介している雑誌(一部除く)のみ対象としているので注意して下さい。

当サイトの付録カテゴリ

当サイトの付録カテゴリについて説明します。まず前提として、当サイトは Amazon(アマゾン)のアソシエイト・プログラムの他、通販サイトのアフィリエイトプログラムに参加しており、各サイトの参加規約を遵守しなければなりません。また、著作権の侵害などにも注意しなければいけません。 アソシエイト・セントラル - ヘルプ(商品の紹介で注意すべきことは何ですか?)をご覧頂ければわかると思いますが、商品画像の加工や複製による転載はリクエストして頂いてもできません。また、キャプチャ画像の使用も禁止されています。ただし、これらは随時変更される可能性があるので注意して下さい。さらに、著作権法などの法令順守のため、紙媒体(雑誌の誌面)の複製・複写・加工による転載、公式サイト(出版社のコンテンツ)の複製・複写・加工による転載など、出版社の著作権を侵害してしまう可能性があるリクエストにはお応えできませんので予めご了承下さい。SNS(主にインスタグラム)の埋め込みについても同様に、公式の埋め込み機能を使用しており、複製や加工による転載はしておりませんので予めご了承下さい。ちなみに、著作権法には引用という例外規定がありますが、出典を明記し正当な範囲内であっても、そもそも転載が禁止されている場合は適用されず、基本的には権利者の許可が必要になります。出版社のコンテンツは、基本的に複製及び転載禁止となっている場合が多いため、引用による著作物の複製や加工による転載のリクエストにもお応えできませんので予めご了承下さい。ただし、引用や転載が許可されている場合は可能です。
当サイトの付録カテゴリにおいて、画像を表示している場合と表示していない場合(情報量に差)があるのは、特定の出版社の商品を積極的に宣伝している訳ではなく、上記の理由(法律や規約)から情報量に差ができてしまっています。また、実現できる範囲のリクエストであればお応えできる可能性はあるので、フィードバックも含めてお問い合わせ下さい。
最後に、当サイトのコンテンツは更新を停止もしくは削除することがあります。ページ単位ではなくカテゴリごと削除することもあります。1年以上前ですが、3ヶ月程度更新したニューストピックスをばっさり削除した過去があります。更新するためのリソースを確保することができないと判断したためカテゴリごと削除しました。この記事は2018年1月に作成しました。

最新記事一覧

付録・おまけ