雑誌の現状

雑誌や新聞などの紙媒体(オールドメディア)は、発行部数や売上推移等をご覧になればわかると思いますが、全体的に縮小及び減少傾向にあります。インターネットの普及やスマートフォンの登場により、WEB や SNS から最新の情報を素早く無料で入手できるようになったので、有料の紙媒体の需要が日本だけではなく世界的に減少しているため、雑誌や新聞等の紙媒体を取り巻く状況は年々厳しくなっており、休刊もしくは廃刊に追い込まれる雑誌が後を絶たない状態です。また、ファッション雑誌や女性誌においては、アパレルメーカー&ブランド広告主のデジタルシフトが進んでおり、プリントメディア(雑誌)から WEB メディア(デジタル)へ移行している紙媒体もあります。さらに、コロナ禍でコンテンツの制作にも支障をきたしており、発売中止や合併号になるなど色々と厳しい現状になっています。その他にも、流通や転載などの問題がありますが、上手く書けないので終わります。この記事は、2020年8月に作成し、2020年9月に更新しました。

ファッション誌の現状

雑誌の現状については上記で簡単に説明しましたが、ファッション誌の現状について紹介します。まず、女性誌には”付録”に力を入れて販売部数を維持している雑誌と、WEB や SNS などのデジタル分野に力を入れて影響力を維持している雑誌があります。さらに、両方に力を入れて両方とも維持している雑誌もあります。従来のビジネスモデルのまま存続している月刊誌もありますが、ファッション誌の現状や影響力を調べる際は、紙・WEB・SNS など全てを含めた媒体”メディア”として調査した方が良いです。某ポータルサイトでファッション雑誌について批評なのか批判なのか分析?した記事を見たのですが、木を見て(紙媒体だけ見て)森を見ず(メディアとして見ていない)的な感じで残念でした。しかも、Z世代向けの付録付きティーン誌で1000円超えしていた号なんて記憶にありません。また、WEB や SNS に力を入れている雑誌の場合は、デジタルコンテンツの読者数(閲覧者数)が増加傾向にあるケースも確認しているので、誤解しないように注意して下さい。ちなみに、推し云々が強いのはジャニーズ&アイドルのファン層で、女性誌が人気のあるアイドル・タレント・モデル・女優・俳優などの芸能人を表紙に起用したり誌面に掲載しているのは、今に始まったことではありません。ただし、2015年前後の表紙や誌面と比べると割合的には増えています。個人的な意見ですが”雑”誌なので、様々な要素があってもいいと思います。

女性ファッション誌ランキング

女性向けファッション雑誌&ビューティ誌のランキングページです。当サイトで紹介している雑誌のみ対象としているので注意して下さい。

男性ファッション誌ランキング

男性向けファッション雑誌&ライフスタイル誌のランキングページです。当サイトで紹介している雑誌のみ対象としているので注意して下さい。

付録付き雑誌ランキング

ファッション誌を中心とした付録付き雑誌のランキングです。当サイトで紹介している付録付き雑誌のみ対象としているので注意して下さい。

当サイトの現状

・最初にランキングをご覧になる際の注意点を書きます。当サイトのファッション誌ランキングは、最新号の表紙画像が表示される仕様になっていますが、最新号(単号)のランキングではないので、誤解しないように気を付けて下さい。ファッション誌ランキングは、毎週更新する予定ですが基準は未定です。美容雑誌やライフスタイル情報誌については、一ヶ月に一回の更新ペースで総合的なランキングにしていることが多いですが、基準や期間を記載するようにしたので詳細をご確認下さい。また、当サイトの女性向けファッション誌カテゴリのユーザー層は20代半ば~30代が多く、付録付き雑誌カテゴリのユーザー層は30代~40代の女性が多いです。当サイトのランキングは、コアユーザー層に近い読者がターゲットになっている雑誌のスコアが高くなる傾向があるので、予めご了承の上ご利用下さい。さらに、表紙に旬な芸能人を起用したり、豪華な付録が付いている場合は、次号情報の拡散タイミングが早ければ早いほどスコアが高くなる傾向があるので、当サイトの女性誌ランキングをご覧になる際は上記の特徴に注意して下さい。ちなみに、付録付き雑誌ランキングについては ” 単純な PV(ページビュー)” 数を基準にしているので、ごく稀にエンタメ雑誌や特別付録が付いていない女性誌などが上位にランクインすることがありますが、気にしたら負けです。
・当サイトの現状:ユーザーリクエストにより通常の更新(開発)を再開してから、UU(ユニークユーザー)が想定しているよりも倍近くに増えてしまい、ページの大量削除&新規ページ作成の抑制で一旦は落ち着きましたが、依然として負荷的には厳しい状態です。そのため、500番台のエラーが毎日出ています。もしサーバーエラーでアクセスできなかった場合は、5秒くらい待ってから再度アクセスしてみて下さい。ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、ご理解ご協力をお願いします。今後も継続的にページの削除と新規ページ作成の抑制を行う予定です。注意:当サイトへのアクセス数がすごく多いというわけではなく、動的サイトのため処理が重い×サーバーにコストをかけていないのが最大の理由です。☆ ユーザー側が負荷とか細かいことを気にする必要性は全くないので、当サイトへのリクエストやフィードバックなど、ご意見・ご要望・ご指摘等がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。できる限りの範囲ですが、お問い合わせには対応しています。